カロリミットで実際に痩せた体験談

今話題のカロリミットを試してみました。「食べる前に飲む」だけで本当にダイエットできたんです。

Home /
化粧品のネット販売でも参考にしたい林田学の薬機法ルール
;

化粧品のネット販売でも参考にしたい林田学の薬機法ルール

通販のひとつとして注目されているネット販売でも、化粧品を取り扱うのであれば薬機法を把握しておきましょう。

化粧品の成分には、植物成分を由来とするものが使用されている場合が多いからです。

林田学は薬機法を分かりやすく分類していますので、参考にするのに最適です。

林田学は弁護士としての活躍から、法律の解釈に精通しています。

法律の条文が規定している内容を、分かりやすく解説しているので、今まで法律に触れたことのない人でも把握しやすく工夫してあります。

化粧品の成分で、植物成分が由来になっている場合に、薬草や薬効が含まれている場合が要注意ポイントです。

林田学は化粧品のガイドラインとして、成分表示を解説しています。

成分表示は二種類に分類されていて、特定の成分を強調するかどうかが分岐ポイントです。

特定の成分を強調する場合は、特記表示が求められます。

特定の成分を表示していなければ、非特記表示でかまいません。

特記表示とは何か、がポイントになってくるときに、林田学の薬機法ルールでは、化粧品における特定成分の特記表示について、取り扱い事項を解説しています。

法律の条文は、改正がない限りは、誰が見ても同じです。

法律家によって見解が異なる場合があるのは、法律には解釈の余地があるからです。

法律の解釈論は、場合によると誤解を招く原因になりやすいので、法律に詳しくない人は林田学の薬機法ルールを参考にしましょう。

通販は販売者と購入者との間に距離がありますから、できるだけ誤解を発生させないように細心の注意を払う必要があります。

誤解の発生を防止すれば、クレームが発生しにくくなりますので、経営をスムーズに維持管理しやすくなります。

通販サイトを編集するときにも、薬機法は役立ちます。

分かりにくい成分表示を、薬機法ルールを参考にしながら解説すれば、消費者にとって分かりやすく間違えにくい目安になるからです。

化粧品のネット販売は、リピーターを獲得するチャンスにもなりますので、価格設定だけでなく、成分表示と解説にも配慮すると良いでしょう。

 

林田学が監修する 薬事法ドットコム マーケティング研究所
http://www.yakujihou.co.jp/