カロリミットで実際に痩せた体験談

今話題のカロリミットを試してみました。「食べる前に飲む」だけで本当にダイエットできたんです。

Home /
Category: 日常

カテゴリー: 日常

専門家である前田裕幸が解説します

ここ数年において日本訪れる外国人の観光客の数は非常に増えていて、実際に町を歩いていても外国人を見かける機会も多くなってきたことでしょう。
2017年の1年間に日本を訪れた外国人の数は過去最高記録をたたき出し、2013年に比べると約3倍近く増えたことになります。

外国人の観光客数の国別のランキングを見てみると、2016年の時点で日本は世界の15位にランクインしていて、このまま3000万人を超えると世界では10位以内に入ることが予想されています。

日本政府は2020年までに外国人観光客数を4000万人まで引き上げることを目標にしていますが、このまま増加傾向が続けば十分に達成の見込みがあるといえるでしょう。

なぜこれまでに外国人観光客が増加しているのかというと、その理由は様々なことが考えられますが、まず第一に円安の影響によるものが考えられます。2011年には円は戦後最高値を記録しましたが、2014年以降は120円前後を維持しています。

このような円安の影響が、日本へ行ってみたいというきっかけにつながるえるでしょう。
中国元と日本円のレート比べた場合には、円が下落した2014年以降では、2011年に旅行した場合と比べると約3分の2ほどの費用で日本に観光に訪れることができます。

円安になればなるほど日本の商品は安く感じられるようになり、これが外国人の拡大につながったとも言えるでしょう。

LCCによる運賃の下落

そしてLCCによる運賃の下落も大きな影響をとなっています。
LCCは格安な運賃体系で人気を集め、就航路線数は大幅に増えています。

国外の航空会社を含めれば、20以上の国や地域と羽田空港が一本で結ばれるようになりました。
これをきっかけに大手航空会社の運賃の引き下げに取り組むようになり、日本への飛行機運賃が非常に安くなったことが、外国人観光客の増加につながったといえるでしょう。

そして経済的な問題ではなく、日本への関心が高まったことも大きく影響しているといえます。
外国人の中には日本の商品に魅力を感じている人が多く、アニメやゲームだけではなく、コスメやファッショングッズなども大人気です。

近年では日本のかわいらしい文化が、海外の若者に大きな影響を及ぼしています。
さらには2013年に和食が無形文化遺産に登録されたこともあり、日本の食文化に関心も高まっているといえるでしょう。

多くの中国人が日本を訪れやすくなった

そしてビザの緩和によるものです。
外国人観光客のうちアジアから日本へ訪れる外国人は全体の約4分の3を占めています。

その中でも最も多いのが中国人であり、2009年から日本の政府は中国の富裕層に向けて個人旅行のビザの発給を開始しました。
さらに2015年にはビザの条件が緩和されたことにより、多くの中国人が日本を訪れやすくなったといえます。

そして日本を訪れた外国人観光客の多くは日本への満足度が高く、調査によると「必ずまた訪れたい」「また訪れたい」と回答した割合が90パーセント以上になりました。

実際に日本に来る観光客の約6割がリピーターで、特に香港や台湾からの観光客の8割、シンガポールからの観光客の7割はリピーターです。

そして近年では外国人が選ぶ観光ルートにも変化が見られます。
以前までは東京や富士山、京都、大阪などの主要な観光地を巡るルートが人気を上げていましたが、近年では飛騨高山や白川郷などのルートなど、SNSでの口コミの情報を参考に地方を訪れる観光客が増えています。

その一方で体験型のルートも非常に増えていて、日本ならではの茶道や華道、忍者体験や農業体験などが人気のスポットになりました。

外国人観光客が訪れる観光スポット

外国人観光客が訪れる観光スポットは、日本でも有名な所が多く見られますが、実は日本人からは意外と思われる人気の観光スポットも存在しています。
その一つが東京新宿にある「サムライミュージアム」です。

2015年4月にオープンしたばかりの施設で、館内には日本刀や鎧兜などが展示され、実際にこれらを身につけて写真撮影ができるスタジオもあります。
日本の和の文化を気軽に体験できる点が人気を集めているといえるでしょう。

そして二つ目には京都の「ギアーGEAR」が挙げられます。
物語にダンスやマイム、マジックなどを織り交ぜた言葉を持たない体験型の舞台で、国籍や年代を問わず、幅広い人気を獲得し、公演回数は2000回を超えています。

そして秋葉原にある完全予約制のフクロウカフェ「アキバフクロウ」も人気のスポットです。
実際にフクロウと触れ合うことができるカフェということで、外国人から大きな人気を集めています。

欧米では動物愛護の面から規制が厳しいので、この状態は非常に珍しく人気の要因にもなっているといえます。

このように日本人にとっては珍しい施設でも、外国人にとっては珍しいことから一気に人気に火がつくところもあります。
これからも日本人に訪れる外国人の観光客の数はますます増えると前田裕幸は言っています。
前田裕幸おすすめ~豪華客船や日本の遊覧船~

アンガーマネジメントの歴史

アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで始まった、心理教育です。

アンガーは、イライラや怒りの感情を意味とし、マネジメントは、上手に付き合うという意味になります。

怒りは、上手くコントロールすることで、エネルギーやモチベーションに変えることが出来ます。

ストレスに伴う怒りの感情を、より穏やかなものに変えていき、感情をコントロールすることを目指します。

このアンガーマネジメントが、普及し始めた一番の理由は、価値観の多様化です。

人が怒る理由というのは、主に自分の価値観が覆されたときです。

昨今、価値観は大きく多様化し、価値観がぶつかり合う瞬間も多くなりましたね。

自分と他人とのギャップが大きいと、イライラや怒りの感情が芽生えてきます。

自身の怒りについて考え、さらには怒りをマネジメントする教育が、注目されています。

怒ってしまったら6秒待つ

どのように、自身の怒りをマネジメントするのかですが、具体的なステップがあります。

まず、怒ってしまったら6秒待つという決まり事です。

なぜ6秒かというと、怒りの感情が特に強い時間が6秒だと考えられているからです。

その6秒間で、自分自身にポジティブな言葉をかけたり、怒りを客観視したりすることは、とても有効です。

次に、自身がこうするべきという価値観が、裏切られたときに怒りは起こります。

ですから、自分の中にどういった「べき」があるのかを認識し、相手の行動が許せるかどうかを、考えていきます。

許容範囲が広くなれば広くなるほど、許せることは多くなります。

人には、自分で変えられるものと、変えられないものがあります。

他人の性格や状態は、中々変えられないものです。

つまり、どうしても変えられないものを、変えようとしたりすることで、イライラしてしまうのです。

変えられるものだけに対して、変える努力をし、自分の許容範囲を広げることが大事です。

怒りに感情に客観的に向き合うことが大事

仕事では、年齢の差や性別、価値観等が、全く違ってきます。

其々違いを持った人と、コミュニケーションを取らなければ、仕事が成り立ちません。

そのような中で、イライラという怒りの感情に、客観的に向き合うことが何より大事になってきます。

感情をコントロールするのは、とても大変なことです。

まして、人は、ストレスが一杯の日々を生きています。

けれど悩んでいては、前に進む事ができません。

いかに自分自身の怒りを抑えるかに、懸かっています。

毎日を有意義にする為にも、アンガーマネジメントを実践してみては如何でしょうか?

 

アンガーマネジメント静岡教室

日本の餃子の名所

餃子の名所と言えば、横浜中華街を思い浮かべる人も少なくないはずですが、栃木県にある宇都宮も代表的ではないでしょうか。

町おこしの料理になっているため、擬人化した石像があるのですが、同じく名産になっている大谷石が使われているのが面白いところです。

あまりにも有名なことから、専門店は全域にあると思っていましたが、実際には違っていました。

所用で宇都宮駅から鬼怒川まで歩いた際には、中華料理店を見かけることはあっても、専門店を発見することはできませんでした。

このようなことから、専門店が集中するのは中心市街地の周辺になることが分かったのです。

宇都宮駅を下車した観光客には、餃子を目当てにしている人も少なくありません。

店舗は西口と東口の両方にありますが、イベント広場は十分な広さがあり、急いでいるときでも利用しやすいようです。

東口にある宇都宮みんみんの店舗は、特に人気が高いようですから、お昼の時間帯に居合わせると行列が避けられません。

それでも、この店は行列に並んでも食べたくなるほどの美味しさがあることは確かです。

これほどの激戦区で常に安定した集客を達成しているのですから、相当な努力をしているのだろうと思います。

和商コーポレーションはじめ専門店が多い宇都宮駅

宇都宮駅の西口を出て、田川に架かる橋を渡ると、一時的に専門店がなくなってしまいます。

ところが、しばらく西側へと進むと、再び和商コーポレーションなど専門店が多い場所に到達します。

地図で調べると、東武宇都宮駅の北東側に多いことが分かる状況です。

当然ながら、その中には中華料理店があれば、餃子の専門店も立地している状況です。

歴史的に考えると、宇都宮市の中心部は東北本線の宇都宮駅付近ではないため、東武線の駅周辺にも店が集中していることは自然なことではないでしょうか。

宇都宮市内を東西に貫く大通り沿いは、古くからの城下町の風情があり、二荒山神社などの名所が点在しています。

このような名所に囲まれた場所には、宇都宮みんみんの本店が立地しているのですから、餃子ツアーで宇都宮に訪れた人は興奮するはずです。

田川に合流する小さな川の近くにもあるため、大通りから細い小道に行けば、隠れた名店を発見できるかもしれません。

鉄道旅行中に手軽に食べたい場合には、宇都宮駅で販売されている餃子駅弁を購入してみてはいかがでしょうか。

季節や期間ごとに種類が変わりますが、どれを選んでも美味しさを堪能できます。

少し時間に余裕があるときには、百貨店の東武宇都宮店の食品売り場で購入することもできます。