カロリミットで実際に痩せた体験談

今話題のカロリミットを試してみました。「食べる前に飲む」だけで本当にダイエットできたんです。

Home /
ハッピーマムなどの認証保育所と保育園の違い
;

ハッピーマムなどの認証保育所と保育園の違い

ハッピーマムなどの認証保育所とは

東京には、保育園とも幼稚園とも違う認証保育所というものが存在するのをご存知でしょうか。

一般的に国や自治体の厳しい審査をクリアした保育所は認証保育園などと呼ばれますが、認証という名称はそれとどう違うのか不思議に思っている人も多いでしょう。

認証保育所とは、東京都が独自に設定した制度に基づいて運営される保育所のことで、詳しく見ると基本型と呼ばれるA型と、小規模家庭的保育所と呼ばれるB型の2種類に分けることができます。

認可や無認可保育所との違いは、全ての施設において0歳児保育を行うことと、最低でも13時間以上という長めの開所時間が定められている点です。

運営そのものは無認可保育園と同じように民間の企業などが行っており、入所の申し込みも保護者が直接それぞれの施設で行うことになります。

認可保育園の場合は世帯の収入に応じて保育料が変わりますが、認証保育所の場合は世帯収入には関係なく全ての施設で一律です。

時間に応じて保育料が変化するのですが、上限が設定されているので区によっては上限を超えた分の助成金を受け取ることも可能です。

このような施設ができたのは、現在定められている認可保育園の設置基準が非常に厳しく、新しい認可保育園を東京で開園することが難しくなったためです。

東京都の特徴にマッチした独自の認証基準を設けることで、東京ならではの保育の需要に合わせることができ、より利用者にとって便利で利用しやすい保育所とすることができました。

ハッピーマムの利用料金

利用料金はそれぞれの利用時間などに応じて異なり、原則として1ヶ月の利用が220時間以下の場合は3歳未満で80,000円、3歳以上になると77,000円となっています。

利用料金には基本的な保育料の他に給食やおやつ、保育材料に光熱費、年会費や消費税などが含まれています。

長時間にわたって保育を行う場合は2食目や3食目の給食代やおやつ代がかかりますが、これは上述した料金には含まれません。

東京都が定めた条件のもとで、超過した分はそれぞれの施設が利用料金を設定していくことになります。

助成金もありますが、金額や受給要件などは各自治体によって異なるので注意が必要です。

気になる場合は住んでいる自治体の担当部署へ連絡し、質問してみましょう。

この他の細かい違いについてもいくつか挙げてみると、認証の場合はその施設がある区に住んでいたり、通勤していなくても申し込むことが可能です。

利用可能な年齢は、A型だと0歳から5歳まで、B型は0歳から2歳までとなっています。

B型の場合は3歳になると別の保育所を探さなくてはならないので、入所時から計画的に保育所探しを進める必要があります。

利用申し込みは各施設に直接行い、施設はその時の状況を見ながら入所の可否を判断します。

保育士の人数や環境が気になるところですが、保育内容に関しては東京都が定めた基準に従って高い水準を維持し、保育士の数も認可保育園と同様に設置するように決められているので安全面での不安もありません。

ただ、保育士資格を持つ常勤は6割以上で良いとされているため、資格を持たないパート従業員がサポートで入ることもあります。

ハッピーマムなどの認可保育園の申し込み基準

認可保育園の場合、東京都ではなく国や自治体が定めた基準を満たして運営されています。

申し込みができるのは、その地域に住んでいるもしくは通勤している保護者の子供だけです。

保育年齢は0歳から小学校入学前までの子供で、実際に受け入れる人数は保育士の数や在園者の数などに応じてそれぞれの保育園が設定します。

申し込む場合は各保育園ではなく自治体の担当部署へ書類を提出し、4月入園を目指す場合は例年11月から12月頃に一斉受付となります。

ここを逃すと4月入園は非常に厳しくなるので、十分に注意しておく必要があります。

保育時間は1日8時間から最大でも11時間までとなっており、認証保育所よりもかなり短めです。

仕事が忙しくなかなか早く帰れない保護者にとっては、困ってしまうことが多いでしょう。

認証保育所と一般的な認可保育園にはこのような違いがあり、それぞれ各世帯の事情や都合に応じて使い分けが可能です。

東京は特に待機児童の問題が社会問題化しており、少しでも保育所を増やして保護者を楽にするためにも新しいスタイルの保育所が求められていました。

このニーズに応える形で始まったのが認証保育所なので、なかなか認可保育園に入れなくて困っている保護者の皆さんは検討してみると良いでしょう。

国が認めた正式な保育所ではないとは言っても、東京都が厳しく定めた基準を満たしているので危険が高いというわけではありません。

認可保育園が信頼できるのは間違いありませんが、認証でもしっかりしているところは数多くあるので最初から選択肢に入れないのはもったいないと言えます。

気になる場合は、申し込む前に見学へ行ったり資料を取り寄せるなどして、安心できるところか慎重にチェックしてみるようにしましょう。

(参考:ハッピーマム 保育園より)